Mechanical Echelon

色々とやったことを書いていく

九龍城砦の写真を見るのが好き

九龍城砦がとても好きだ。

 

九龍城砦(きゅうりゅうじょうさい)は、現在の香港九龍九龍城地区に造られた城塞、またはその跡地に建てられていた巨大なスラム街を指す呼称。広東語で「九龍城砦、又は九龍城寨 (砦と寨は日本語でも廣東語でも同じ意味を指す。) 」ピン音「Gau2lung4sing4zaai6」と呼ばれてきた。

日本では九龍城砦を「九龍城」(きゅうりゅうじょう)と呼ぶ場合がある。香港本土では「九龍城」は九龍城砦が存在した一帯の地域名あるいは行政地区名の呼び名である。

 

九龍城砦 - Wikipediaより引用

 

九龍城砦の姿は、この世界の建造物には見えない。

 

www.businessinsider.jp

 

このサイトを何度も見に行っては、ニヤニヤしている。

 

看板にある漢字、企業の広告。既視感のあるものが混ざっていはいるが、理解はできないっていうのが、裏の世界みたいな感じがしてとてもいい。

 

スケールも信じられない。上に上に建物を積み重ねた圧倒的な存在感。

そしてすごく違和感のある姿なのに、ノスタルジックな気持ちになる。不思議!

 

こんな場所で、実際に生活している人が、いたというのも何かいい。

どんな生活を送っていたんだろうとか、

この外に出ようと思わなかったんだろうかとか、

いろいろ考えるとウキウキしてくる。

 

九龍城は今はもうない。

1993年から1994年のあいだに取り壊され、今は公園になっているらしい。

 

幻のように消えていった最期というのも、心を惹かれる要因かもしれない。

一度実際に見てみたかった。

 

目をあけたらそこには九龍城があり、外観をぼーっと眺めたあと、その内部へとふらふらと入ってゆき、探検するという想像をしている時がとても幸せ。